PC用のイス、届いた

家に帰ってきたら、玄関にでっかい荷物が置いてあった。思ってたよりもでかくてビビる。

開けて組み立てるのは週末だな。

PC用のイス

Amazon でポチッたよ。夜中じゃないから一応正気だ。ちょっとは考えたんだよ。

今はダイニングチェアみたいなのを使ってるんだけど、4月の初めから5月の終わり近くまで約2か月間在宅ワークをしていて、いい加減尻や腰が痛くなったんで座り心地のいいイスが欲しいと思ってたんだよ。だけど躊躇している間に在宅ワークは終わってしまって、まあいいか、みたいな感じになって今日までまでそのままだったわけだ。

ところが、さっき Amazon を眺めてたらタイムセールで割引されてたんでついに購入。ああ、こうやって書くとやっぱり衝動買いみたいだな。

オフィスチェアじゃなくて、いわゆるゲーミングチェアってやつ。2万円弱だからそれほど高級なわけじゃないけど、今のイスよりはいいだろう。というかそうであってほしい。

届くのは明後日の予定。

Amazonでのはじめての買い物

Amazon でのはじめての買い物を調べるのが流行っている、というのをどこかのブログかなんかで見た。ような気がする。昼間、ちらっとみた程度なのでどこで見たのかわからなくなってしまった。

そういえば何だったろう?

というわけで、注文履歴を一番最初までさかのぼって出てきたのがこれだった。

  • オリヴァー・サックス他「消された科学史」(みすず書房)

なんと2004年2月22日注文。もう16年も前だ。

いまだに読んでない。

蒼の彼方のフォーリズム EXTRA2 制作決定

蒼の彼方のフォーリズム EXTRA2 制作決定

当初3月ころには発表があるといっていた「蒼の彼方のフォーリズム EXTRA2」、新型コロナウイルス騒ぎのせいで遅れていたけど、16日に正式に発表があった。まずはめでたい。

しかも、内容と価格に関するアンケートの結果は「ストーリー・CGが増える分価格が高くなってもストーリーを減らさないで欲しい」が97.9%(5044/5153)だったとのこと。いや、みんなよくわかってるなぁ。

発売がいつになるかまだ未定だけど、期待大だ。

レンタルサーバ完全移行

引越し前のサイトを置いていたレンタルサーバが契約切れになったので、サイトを完全移行した。

暫定的に blog.opticacid.com としていたこのサイトもはれて opticacid.com でアクセスできるようになった。もちろん SSL 対応。

これで一区切りだ。

メルカリ

5月もそろそろ終わり。

ゴールデンウィーク中にいろいろ片付けて出てきた不要品の中に、捨ててしまうのはもったいないようなものもあったので、思いついてメルカリに出品してみた。

PCから取り外した外付けハードディスクとかなんだけど、結構すぐに売れて、ちょっとした小遣い稼ぎになった。

なんでもやってみるもんだね。

ゴールデンウィーク最終日

連休中、時期外れの大掃除をしていたけど、今日はほぼ一日中雨。最終日はのんびりと過ごした。

新型コロナウィルスのせいで4月の初めから家にいることが多くなって、おかげで Amazon を始めとした通販をよく使った。というか、だいぶ使いすぎた。コミケが中止になってエアコミケなんてものになったせいもある。

いずれにせよ、しばらくは控えないとな。

レンタルサーバを引っ越した

このブログを設置しているレンタルサーバを引っ越した。

技術的なことを書くようなブログじゃないから詳しくは書かないけど、WordPress で構築したブログなので All-in-One WP Migrate というプラグインを使うことで簡単にできた。

とはいえ、今までのレンタルサーバのほうをいきなり消してしまうのも心配だったので、新しいほうは blog.opticacid.com というドメイン名にした。しばらくはこれで様子見。大丈夫そうだったら、古いほうを削除して、完全に乗り換える予定。

「金色ラブリッチェ」コンプリート

いまごろやった。

ルート選択画面で当初伏せられてたのは茜ちゃんだった。意外。

あと、最後に残ってしまって見られなかったシーンは、いろいろ試した結果、「お兄ちゃん」だった。

近況報告

今日から夏休みだ。気が付けばこのブログもひと月以上更新してない。ゆるゆるやるとは言ったけど、ゆるすぎかも。

というわけで、今日は近況報告。ここひと月半で読んだ本。

  • 君の世界に、青が鳴る
  • 数学ガールの秘密ノート ビットとバイナリー
  • 幼なじみが絶対に負けないラブコメ
  • 夏へのトンネル、さよならの出口
  • りゅうおうのおしごと! 11

「君の世界に、青が鳴る」は6月末に読了。階段島シリーズの完結巻。

7月に入って、百合SF短編集「アステリズムに花束を」を読み始めたんだけど、これが全然進まなくて、結局7月に読んだのは「数学ガールの秘密ノート ビットとバイナリー」だけ。この本はもうちょっとブール代数に踏み込んでほしかった。

8月に入ってからは、3日に1冊ずつのペースで読んでる。ラノベだからだな。「夏へのトンネル、さよならの出口」は意外に面白かった。「りゅうおうのおしごと! 11」は姉弟子回というか姉弟回か。

さて、今日からは「アステリズムに花束を」に戻ろうかな。